二人の王

1
55

仲の悪い兄国と弟国がありました。
元々一つの国でしたが、兄と弟で国が二つに割れたのです。

或る日、ささいな諍いから兄国の王が宣戦を布告しました。
すぐに国民たちに弟国へ出兵するよう命じたのです。
しかし「弟国には友が住んでいる」「ぼくの妹が住んでいる」と、幾人かの兵が従いません。
王はその者たちを、見せしめに死刑にすることにしました。
が、処刑人も兵たちの友人で、首をはねるのを断固として拒みます。
将軍らに処刑人を殺すよう命じましたが「わしの大事な友を殺すわけにはゆかん」とこれも従いません。
結局、王に従うものは誰も居なくなり、弟国に自国の王を差し出すことになりました。

手足に枷をはめられた兄国の王は、馬の背に揺られて弟国への途を行きます。すると、途の向こうからも弟国の王が馬に揺られてやってきます。

二人の王は泣いて抱き合いました。
それ以来、二つの国は元の一つの国になりました──。
ファンタジー
公開:18/05/09 14:18
更新:18/05/30 12:09

渋谷獏( 東京 )

渋谷獏(しぶたに・ばく)と申します。
https://twitter.com/ShaTapirus

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容