海月の囁き。(新訳:海月の怪)

6
139

ちゃぷ。ちゃぷ。ざ、ざ、ざぁー……。

白く丸い月。黒い海。

俺は小さな船を漕ぎ出し、独り夜釣りを楽しんでいた。

ふと、波間に仄白く光る海月が二匹揺蕩っているのが見えた。

──否。それは仰向けに漂う女の白い乳房であった。
臍から下は海に潜っている。目も口もぽかりと開いたままである。水死体にしては美しい。気を失っているのなら、助けないと──。
ゆっくりと女に船を近づけ「可哀想に」と独り言た。
手首を掴んだ刹那、女の眼がキロリと動き、俺を射抜いた。
ギョッとして思わず手を離したが、女は身を翻し俺の両肩をぐい。と掴んだ。
そうして口をパクパクと動かし、何事かを告げると、にぃっと嗤い、弾けるように海中へ潜って行った。

女の下半身は、魚のようであった。

しばし茫然と黒い海面を見つめていたが、ふいに女の言葉が脳内で像を結び、俺は猛然と岸へ漕ぎ出した。


──ジ・キ・ニ・ク・ル・ニ・ゲ・テ。
ホラー
公開:18/05/09 12:44
更新:18/05/11 19:17

椿あやか( 猫町。 )

【椿あやか】(旧PN:AYAKA) 
◆Twitter:@ayaka_nyaa5

◆第18回坊っちゃん文学賞大賞受賞
◆紙媒体で単著が出せるよう、精進中です。
◆お問合せなど御座いましたらTwitterのDM、メールまでお願い申し上げます。

◆【他サイト】
【note】400字以上の作品や日常報告など
https://note.com/nekometubaki
【NOVEL DAYS】
https://novel.daysneo.com/author/Tsubaki_Ayaka/



 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容