ご主人様の涙

0
113

ぎゅっと抱きしめてくる力が苦しくて、ボクはご主人様の腕から飛び出した。

あなたまで私を見捨てるって言うの、ご主人様は泣きそうな顔で定位置に戻るボクを見るけど、たぶん全部ご主人様の勘違いじゃないのかな、にゃあと鳴く。

ボクに人間の言葉が使えたなら、ご主人様の涙を見ずに済んだんだろうな。
その他
公開:18/05/09 11:20

きざはし

140字小説を書いています。
http://twitter.com/kuruizaki63

もうひとつのアカウント
https://short-short.garden/author/808811

コメントはありません

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容