シバタ君の悪夢

5
125

寝ている間に見た夢を録画できる装置が流行し、小学5年のシバタ君のクラスでは、生徒が順番に装置を持って帰り、夢を録画して次の朝に教室で放映してみんなで観る、というやっかいな事が始まった。
毎朝、級友が見た夢をみんなで鑑賞する。宇宙船で旅をする夢だったり、犬に追いかけられたりする夢を、みんなで楽しんだ。
そして何日かが経ち、シバタ君の番が回ってきた。夜、頭に装置を付け、布団に入る。
翌朝、シバタ君は起きるなり装置の削除ボタンを押した。とってもエッチな夢を見ちゃったからである。
「昨日の夜は夢を見ませんでした」
シバタ君は嘘をついてまた持って帰ったが、同じ事だった。
(僕は一体どうしちゃったんだ)
「おいシバタ! 俺に番が回らないじゃんか」
タバタ君に言われ、窮したシバタ君はその夜、こっそりパパの頭に装置を付けた。
「これでよし」
翌朝シバタ君が放映した夢は、先生が慌てて止めるほどエロかった。
青春
公開:18/05/08 02:15

射矢らた( 大阪南船場 )

2018年2月8日SSG登録
Twitter:https://mobile.twitter.com/iruya_rata


<三姉妹シリーズ>
親もとを離れて暮らす三姉妹の暮らしを
ショートショートで綴ります。
長女・葵(あおい) 社会人
次女・茜(あかね) 高校生
三女・翠(みどり) 小学生

そのほか1話モノも書きます!
 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容