君のことを

0
125

どうしてかな、何よりも大切だと思っていたはずなのに。

悲しみの色をした瞳で僕を見つめる君に、物哀しげに微笑んだ。

「思い出せないんだ、君のこと」

僕のその一言は君にとってきっとどんな爆弾より熾烈で、君の瞼に深い哀愁がこもる。

「仕様がないです」

無理して笑う姿を見るのが、痛くて仕様がない。
SF
公開:18/05/05 07:49

きざはし

140字小説を書いています。
http://twitter.com/kuruizaki63

もうひとつのアカウント
https://short-short.garden/author/808811

コメントはありません

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容