走馬灯

0
117

走馬灯の中で散りゆく花よ、この恋よ。

たった一つだけの私の願いを、叶えてはくれないか。

さようなら、今にも泣き出しそうな表情で、あの日の私が控えめに手を振る。

違う、そうじゃない、貴方は、私は。

首をふるふると振って、祈るように手を合わせる。

彼の人との時間を、美しい思い出にはさせないで。
SF
公開:18/05/06 09:34

きざはし

140字小説を書いています。
http://twitter.com/kuruizaki63

もうひとつのアカウント
https://short-short.garden/author/808811

コメントはありません

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容