夢物語

0
118

長い長い夢を見ていた。

もうはっきりとは思い出せないほど、遠く昔の夢物語。

目を覚ませば隣で眠っていたあなたが微笑んで、わたしの頬を流れる涙を拭ってくれる、そんな夢を。

だけど夢は醒めて、わたしはあふれるほどの涙を捨てた。

だって隣にはずっとあなたがいると、そう、わたしは知っているから。
SF
公開:18/05/02 09:49

きざはし

140字小説を書いています。
http://twitter.com/kuruizaki63

もうひとつのアカウント
https://short-short.garden/author/808811

コメントはありません

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容