ケーキ

0
136

ケーキを焼いたの。

下手なりに頑張ったのよ。

君は言う。

「だから、良かったらでいいんだけど、あのね」

電話越しに聞こえる君の声は緊張を孕んでいて、僕はつい笑いを零してしまい、何を笑ってるのと咎められる。

「ごめんごめん、つい」

僕を誘いたい君が可愛くて、愛しくて。

なんて白状するわけもなく。
恋愛
公開:18/05/02 09:31

きざはし

140字小説を書いています。
http://twitter.com/kuruizaki63

もうひとつのアカウント
https://short-short.garden/author/808811

コメントはありません

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容