朝の教室

0
129

だめよ、だめ。

誰もいない朝の教室で、ひとりブンブンと音が鳴るほどに首を振る。

勘違いしちゃだめ。

さりげない優しさも、感じる視線も、穏やかな眼差しも、意味深な言葉も。

全部全部、気のせいなんだから。

殺風景だからと持ち込んだ花瓶に花を活け、誰かが来てしまう前に、火照った頬を鎮めなければ。
青春
公開:18/04/30 08:20
更新:19/02/12 21:10

きざはし

140字小説を書いています。
http://twitter.com/kuruizaki63

もうひとつのアカウント
https://short-short.garden/author/808811

コメントはありません

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容