それでも世界を

0
136

幾ら洗っても赤黒い血の色が嘲笑う手、小さな移り変わりを見留めることも叶わない目、素敵なものを素直に素敵だと思えない心。

こんな汚れた私を受け入れてくれる人など、きっとなく。

「もう嫌」

己を抱いて蹲る、私は。

それでも世界を愛せるでしょうか。
ミステリー・推理
公開:18/04/26 10:46

きざはし

140字小説を書いています。
http://twitter.com/kuruizaki63

もうひとつのアカウント
https://short-short.garden/author/808811

コメントはありません

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容