0
129

会いたいは切ない。

雨空に向かって何気なく呟いた言葉は、私の中で反芻し続ける。

噫、私が会いたいと望んでやまないあの子はきっと今、あの人と二人きりで、それで。

想像するだけで虚しくなった胸で苦しく呼吸して、私は膝を抱える。

「どうして、どうして、どうして」

繰り返す声は徐々に、荒くなった。
恋愛
公開:18/04/26 10:45

きざはし

140字小説を書いています。
http://twitter.com/kuruizaki63

もうひとつのアカウント
https://short-short.garden/author/808811

コメントはありません

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容