ロボット

3
134

「こんな雑用、ロボットにやらせればいいんだよ」
と、おれはボヤいた。
「いまどき畑仕事を人間がやるなんて、ナンセンスもいいとこだよ。昔にくらべて人型ロボットもずいぶん安くなったと聞くし、こんな仕事こそロボットにやらせるべきじゃねえのかよ?」
おれはひとりでグチをこぼしながらせっせと働き、広い畑を耕していった。
「やれやれ、やっと終わった。ひと休みしてから家に帰るとするか⋯⋯」
あぜ道に腰をおろしていると、畑のむこうからひとりの男が近づいてくるのが見えた。誰がやってきたのだろうと、じっと見ているとおれに背格好がよく似ている。
さらに近寄ってきたので、まじまじと男の顔をみると、どう見てもおれと同じ顔の男だ。

「あ、あ、あんた、いったい何物なんだ!?」
おれは、おれそっくりの男にそう言いかけたが、男はおれの耳の後ろに手を触れると、
「身代わり、ご苦労さま」
と言っておれの電源を停止した──。
その他
公開:18/04/26 03:08
更新:18/10/07 18:54

渋谷獏( 東京にいるけっどカンサイジ〜ン♪ )

(獏・ω・) 渋谷獏(しぶたに・ばく)と申します。
土器っ土器っ〜♪ 獏ぅ獏ぅ〜♪
https://twitter.com/ShaTapirus
https://www.instagram.com/tapirus_sha/
http://tapirus-sha.com/

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容