0
132

酒が回り朦朧とした意識で引き寄せた腕が、思っていたよりずっと細くて驚く。

いきなりのことで目を瞬かせる仕草も、ああなんだろう、こんなに可愛かったっけ。

酔ってるでしょと呆れた表情にのった、煽情的な唇をこれから奪うのも、今なら酔いのせいにできるだろうか。

噛みつくようなキスを、かました。
恋愛
公開:18/04/24 11:45

きざはし

140字小説を書いています。
http://twitter.com/kuruizaki63

もうひとつのアカウント
https://short-short.garden/author/808811

コメントはありません

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容