馬肉猫─後日譚

1
121

どこかの研究者が作ったという「馬肉猫」なるものが、肉屋の店頭に並び始めた。
ある薬を注射するだけで、どんな動物でも馬肉のような味になるというのだ。
その後、色々な動物との掛け合わせが、肉屋の店頭に並び始めた。
「馬肉犬」、「馬肉鶏」、「馬肉牛」、「馬肉鯨」と色々あり、掛け合わせる動物で微妙な味の違いが楽しめる。
最終的に「鹿」との掛け合わせが、いちばん美味しいというので人気が出た。

が、この鹿との合成肉だけ、重大な欠陥があることが分かった。
どうやらこの肉を食べた人間にも、馬の特徴が現れるらしいのだ。

馬ヅラをした人々が「ヒヒーーーン!」といういななきとともに、町中を駆け回る姿がしばらくのあいだ続いた。
鹿と馬を掛け合わせた「馬肉鹿」は肉屋の店頭から消え、事態は収束した。多少の後遺症を残して──。

おれは毎朝、自分の姿を鏡で見るたびにこう思う。
なんて「馬鹿」な顔だ──。
SF
公開:18/04/24 01:00
更新:18/06/19 10:32
キメラ

渋谷獏( 東京 )

(獏・ω・) 渋谷獏(しぶたに・ばく)と申します。
https://twitter.com/ShaTapirus
https://www.instagram.com/
http://tapirus-sha.com/

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容