カウンター

2
118

ついに世界の人口が「百億を突破する日が来た」というニュースで、世間は大いに盛り上がっていた。
おれはTVの前で、人口を表示するカウンターがあとわずかで百億を越える様子を眺めていた。世界中の人々がカウンターの数字に固唾をのんでいることだろう。

「九十九億九千九百九十一、二、三」と、カウンターの数字は伸びて行き、いよいよ九十九億九千九百九十九まできた時──突然カウンターの数字が停止した。
大きな交通事故でもあったのか、いくら待ってもそれ以上に数字が伸びない。
そのうち、世界中で「謎の突然死」が起こっているらしいというニュースが流れてきた。新しい生命がこの世に生まれるたびに、年寄りが突然亡くなるというのだ。
世界中で人口規制が始まり、事態は一応の収束をみた。
その後も原因はまったく分からなかったが、どうも百億が人類の上限という事なのだろう。

「神様に乾杯⋯⋯」
おれはTVを消した──。
SF
公開:18/04/24 01:10
更新:18/10/07 18:53

渋谷獏( 東京にいるけっどカンサイジ〜ン♪ )

(獏・ω・) 渋谷獏(しぶたに・ばく)と申します。
土器っ土器っ〜♪ 獏ぅ獏ぅ〜♪
https://twitter.com/ShaTapirus
https://www.instagram.com/tapirus_sha/
http://tapirus-sha.com/

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容