0
148

朝、目を覚ますと僕は犬になっていた。
短い手足。フサフサの手足。
二本足で立つことが出来ず、後ろを振り向くと腰に尻尾が生えている。
僕は悲鳴を上げた。部屋にある鏡で改めて自分の姿を確認する。
僕は犬になっていた。それも顔だけ人間の人面犬だ。
「朝からどうした?」「何騒いでいるの?」「何かあったの?」
父が母が妹が部屋にやってくる。
皆、僕と同じ人面犬で不思議そうに僕を見ている。
そんな…嘘だ…嘘だと言ってくれ!

「嘘だ!」
そう叫び、僕は飛び起きた。先ほどのは夢だったらしい。
僕の長い手足は人のもの。
二本の足で鏡の前に立つ。そこにあるのはいつもの僕の顔。
「良かった…」
思わず呟いてしまった。
「朝からどうした?」「何騒いでいるの?」「何かあったの?」
父が母が妹が部屋にやってくる。
「何でもないよ」
僕はそう言って笑う。
そう、何も問題ない。いつもと同じ、僕らは犬の頭を持つ人体犬だ。
公開:18/04/22 18:49

コメントはありません

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容