0
150

己は普通の娘だと、信じて疑わなかった。

あの日夕焼けの中、意識を手放すまでは。

「あの人は、私は存在すべきではないと言いました」

鉄格子越しの、見知らぬ彼の瞳が烏のそれのように光る。

「そうだとして、君は存在することをやめるのかい」

優しく問うその声に、果たしてノーと言い切れるのだろうか。
SF
公開:18/04/22 14:09

きざはし

140字小説を書いています。
http://twitter.com/kuruizaki63

もうひとつのアカウント
https://short-short.garden/author/808811

コメントはありません

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容