波打ち際の、私と海

2
131

失恋したその足で、海に向かった。波打ち際に座り込み、砂に彼の名前を書く。
未練がましく何度も刻まれる彼の名前を、海は優しく洗い流してくれた。
「また恋ができるかな」そんな弱気な私の気持ちも、海は洗い流してくれた。そして、真っさらな砂浜の代わりに「必ずね」という返事をくれた。

「本当に?」
「本当よ」
「それはどんな恋?」
「秘密」
「ケチ!」
「ふふふ」

「また来るわ」というメッセージに、返事はなかった。そう、またここに来よう。美しい砂浜のあるこの海に。今度は、新しい恋の相手を連れて。
恋愛
公開:18/04/22 22:49

小狐裕介

ショートショートを書いています。
光文社文庫「ショートショートの宝箱」に「ふしぎな駄菓子屋」収録。
学研プラス「名作転生 主役コンプレックス」に「マンホールの女神様」収録。

Web光文社文庫「SSスタジアム」に 「街針」という作品が掲載されています。

作品集「狐の与太話」をKDPにて出版中。

Twitter:https://twitter.com/foxtalk_tweet

ブログ「会社員小説作成日記」http://foxconcon.com
 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容