お終い

0
9

変わりゆく世の中で変わらないものがあるとするなら、それが何なのかを教えてほしいと神殿で願った弱い日もあった。

誰にも知られたくはないと、高鳴るほどに熱い胸を雪の中に埋めて沈ませた朝もあった。

だけどそれも今日でお終い、物語は終末を迎える。

「さようなら」

手を振る私に、貴女は涙を零した。
ファンタジー
公開:18/04/16 10:55

きざはし

140字小説を書いています。

コメントはありません

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容