パンとゆりかご

4
157

目が覚めた。窓から見える空には星が煌めいていた。ぼんやりと夜空を見上げて手を伸ばす。でも、ゆりかごの中で伸ばした手は星には届かない。
私の手がもっと大きかったら届くのかな?
もし、あの絵本の男の子みたいに空を飛べたら…。
「飛んでみたい?」
いきなり天井のあたりから声がした。見た事もない男の子がそこにいた。男の子はクルリとトンボ返りして、両手を腰に当てた。なんと、その男の子は空を飛んでいたのだ。
「私も飛べるの?」
「簡単だよ。おいで」
私は差し出された手に掴まった。
窓が開いて男の子と私は夜空に飛び出した。
体が軽い。
風が心地いい。
見下ろした街はキラキラ輝いてる。
月がいつもより大きく見える気がする。
空を飛ぶって不思議な感覚。
「さあ、冒険に出発だ!」
「待って。あなたは誰なの?」
「僕かい? 僕は―」



「あらあら。両手をばたばたさせて。この子は今、どんな夢を見てるのかしら」
ファンタジー
公開:18/04/15 17:19
月の文学館

のりてるぴか( ちばけん )

月の音色リスナーです。
ショートショートって難しい。
最初の頃は400字は短すぎるなんて思ってましたが、色々書くうちに400字に無限の可能性を感じるようになりました。

読んだ人の心が少しでも動いたらいいな。何かを感じてくれたらいいなと思って書いてます。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容