真の実

0
158

誰より幸せを望んでいたはずだった。

誰かを蹴落としてでも自分が幸せになりたいと思っていたはずだった。

だけど私、本当は苦しく生きたかったの?

悲劇のヒロイン面をしていたかったの?

自分でも気づいていなかった真の望みに、今度こそ悲鳴にも似た叫びを上げ、その場に膝から崩れていった私を、君は。
ミステリー・推理
公開:18/04/09 12:56

きざはし

140字小説を書いています。
http://twitter.com/kuruizaki63

もうひとつのアカウント
https://short-short.garden/author/808811

コメントはありません

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容