アイツ

0
149

年齢。

身長。

どう頑張っても、私がアイツに追いつけないもの。

ああ、遣る瀬無いななんて思いながら、一人ため息、五時間目。

斜め前の席のあの子は、ぽかぽか陽気の所為で微睡みの中。

うつらうつらと微動する頭が可愛くて、ちょっとだけ口元を緩める。

恋ではないのだと、アイツを頭の隅から追い出して。
青春
公開:18/04/07 01:00

きざはし

140字小説を書いています。
http://twitter.com/kuruizaki63

もうひとつのアカウント
https://short-short.garden/author/808811

コメントはありません

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容