僕色に染めたい

2
136

自分が大好きな物を好きな人に知ってもらえると凄く嬉しい。自分の好みを相手の好みに変えてしまう。それはステキな作業だ。
ある日、彼女が僕のバックに入っていた小説を抜き取って、次の日にいきなり返してきた。
「続き持ってきて」
僕は彼女が面白いと思ってくれた事が嬉しかった。それから僕は彼女にお薦めの小説を何冊か貸した。

しばらくして、彼女の部屋に遊びに行くことがあった。本棚の片隅に僕が好きな作家の本を見つけた。その本を買ったなんて、一度も口にしなかったのに。僕は今度ここに来た時には、その作家の本が増えていることを願った。

しかし、再び彼女の部屋に訪れることはなかった。別れた原因はよくわからない。東京出身の彼女が、関西人の元カレの影響で時々口に出てしまう関西弁が、僕には気にいらなかったという事も、原因の一つかもしれない。

その男も、僕と同じように彼女を自分の色に染めようとしていたのだろう。 
恋愛
公開:18/04/06 23:14
更新:18/04/06 23:34

のりてるぴか( ちばけん )

月の音色リスナーです。
ショートショートって難しい。
最初の頃は400字は短すぎるなんて思ってましたが、色々書くうちに400字に無限の可能性を感じるようになりました。

読んだ人の心が少しでも動いたらいいな。何かを感じてくれたらいいなと思って書いてます。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容