最低な恋

0
142

多くの人の元へ届けと歌っていたはずのあの唄は、ほんとうはあなたのためだけの唄だった。

煌めきを感じて欲しいと流していたあの汗は、ほんとうはあなただけを見つめる証拠だった。

あなたの姿を見つけ、階段を二段飛ばしで駆け上がる。

偶像としては最低なのかもしれない。

それでも、それでもわたしは。
恋愛
公開:18/04/06 13:33

きざはし

140字小説を書いています。
http://twitter.com/kuruizaki63

もうひとつのアカウント
https://short-short.garden/author/808811

コメントはありません

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容