「おかえりなさい」が言いたくて

8
94

外から子供の賑やかな声が聞こえる。そろそろ曾孫の翔太が学校から帰ってくる頃だ。
私は箪笥の奥から古い手紙と写真を取り出し、しわしわの指で手紙に触れた。終戦から73年。彼を忘れたことは一日もなかった。文面は読まなくても全て覚えてる。二人の思い出、台湾での近況、『ではさやうなら』の文字の形。彼の船が転覆して生死不明だと報せを受けたのは、手紙を受け取って間もなくの事だった。
それから私は見合い結婚して、8人の子供と沢山の孫に囲まれた。先に亡くなった旦那とも上手くやってこられた。したいことをして、食べたい物を食べた。彼の分まで長生きした。
幸せだった。
そう思う。
それでも…。
今でも私は彼の帰りを待っている…。
「ただいま、さきちゃん」
不意に懐かしい声がした。見ると玄関に彼が立っていた。その幻はすぐに消えて、代わりに元気な男の子の声がした。
「ただいま、おばあちゃん!」

「…おかえりなさい」
恋愛
公開:18/06/16 23:24
更新:18/06/17 14:47

のりてるぴか( ちばけん )

月の音色リスナーです。
ショートショートって難しい。
最初の頃は400字は短すぎるなんて思ってましたが、色々書くうちに400字に無限の可能性を感じるようになりました。

読んだ人の心が少しでも動いたらいいな。何かを感じてくれたらいいなと思って書いてます。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容