そっち

2
93

青年はビルの屋上にあるフェンスの上に立ち、蟻のように行き交う人々を見つめていた。

その様子を見ていた初老の男が、まるで気配を消していたかのように、青年の隣に立った。

「後悔しているのですね」

青年は驚いた様子もなく、男の方に視線を写した。

「あなたもですか」

「ええ。冷静に考えれば、やり直せたかもしれない……馬鹿でした」

「俺も、やり直したいよ」

ビルの前では、家族連れや、若いカップルで賑わっていた。それを見て二人は溜息をついた。

「人間に生まれ変われる保証はないそうですよ。死神が、そう言ってました」

「え!マジで」

「人間になるかどうかは、神様が決めるそうです」

「犬とか猫?」

「ゴキブリだってありえる。少なくとも私たちは、自ら命を捨てたのですから、恐ろしい話です」


「俺は、なんだっていいさ。あのスリルがもう一度味わえるならね」
その他
公開:18/06/16 22:30
後悔

豊丸晃生( 大阪 )

ショートショートの神様、星 新一を崇拝しています。
お笑い系のショートショートを中心に書いていきたいと思いますので、よろしくです(^^)。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容