彦星きゅんきゅん

2
16

七月七日、雨。これでは織姫に会えないじゃないか。空のやつ、ふざけやがって。彦星は怒っていた。空を宇宙裁判所に訴えることにした。

「空が雨を降らせている。織姫に会えない。ひどいじゃないか。裁判長、空を呼んできて裁判を開いてくれ。」

「そんなこと言われても、空は空だからね。呼んでくることなんてできないよ。悪いね。」

「そんなあ。」

彦星はがっかりしました。

「あ、そういえば同じようなことを言ってきた奴がいたなあ。確か、織姫とか言ったかな。」

「えっ、織姫も同じことを!」

彦星はきゅんとしました。会えなくても、心は繋がっているんだと。

『いつまでも織姫と心が繋がっていられますように。』

彦星は短冊に書きました。

キュンキュンキュンキュンキュンキュンキュンキュン!!
恋愛
公開:18/06/13 19:42

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容