ラブソングの理由

3
177

永遠とか、恋とか愛とか、世の中の歌はそればっかり。
愛してるとか、大好きとか、世の中に溢れ過ぎて、ありきたりな言葉になってしまっている気がした。

「最近、同じような曲ばっかり。赤裸々に歌えば良いってもんじゃないでしょ。こんなシチュエーション、あり得ない。」

幼い私は、偉そうに、経験したこともない恋の歌をバカにした事もあった。

だけど、大人になって知る。
痛みすら感じる、本当の「切なさ」
思いもよらない、自分の「行動力」
心深くまで刻まれる、強い「愛しさ」

ひとつ恋が始まり、終わるたび、心に寄り添うお気に入りの歌が見つかった。
ラブソングが、世界中に溢れているその訳が、分かった気がした。

この世の、普遍の、願い事。
愛が、好きが、幸せが、ずっと続きますようにと。
永遠でありますようにと。

アウストラロピテクスも、きっとラブソングを歌っていたんだ。
青春
公開:18/06/12 06:32

イロハマイ( トーキョー )

普段は曲を作って歌ってます。
妄想と空想が好きです。

私の作品を朗読した、オーディオショートショートをGoogle playで配信中です。
https://t.co/3Q7uflVZaB

+゚*。:゚+.゚*。:゚+.゚*。:゚+.゚*。:゚+.゚*。:゚+

▽Twitter:https://twitter.com/1_ro_ha?s=17
▽HP:http://irohamai.com/

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容