腰ぬけの鼻

12
96

俺はクサイ臭いをかぐのが好きだ。
世界一臭い果物とか世界一臭い花とか、そういうのを聞くとその臭いをかがないと気が済まない。

今回手に入れたのは、世界一臭い缶詰である。やっと手に入れたこの缶詰。いざ開けようとしたその瞬間、鼻が逃げた。

「もう勘弁してください」

涙を流しながら、と言っても見た目は鼻水なのだが、上目遣いならぬ上鼻遣いで懇願してくる。
「毎日クサイ思いをするだけでも辛いのに、その缶詰。鼻が曲がるっていうじゃないですか。私はもうこれ以上曲がりたくないんです」
そう訴える鼻は確かに曲がっている。それもかなり大きく。

「わかったよ。これ以上鼻が曲がったら俺も困る」
俺が缶詰から手を離したのを見て、鼻が戻ってきた。
その瞬間、俺は缶切りを缶詰にぶっ刺した。「腰抜けめ、くらえ!」

ぷしゅーーー

「うわー」
鼻がひどく曲がって、うまい具合に真っすぐになった。

めでたしめでたし。
その他
公開:18/06/09 12:42
更新:18/06/09 22:15
不思議な言葉 ランダムキーワード

いづみ( 東京 )

文章を書くのが大好きです。
いつかちゃんと書きたいと思っているネタが3本ありますが、いまだ手付かずのまま。
まずはショートショートで修行します。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容