藍熊猫

10
56

日本の動物園で深い藍色の体色をしたパンダの子供が生まれた。
藍藍(アイアイ)と名前付けられたこのパンダは世界的な流行となり、動物園は連日人だかり。
入場券は抽選制になり、オークションではプレミア価格になるほど。
やがて世界中の殆どの人々が藍藍に熱狂し、自分の仕事など二の次にどうにかして藍藍を一目見ようとしていた。

そんな中、藍藍が忽然と姿を消すという事件が発生した。
事件は世界中で報道され、死亡隠蔽説や密売など様々な陰謀論が流行した。
人々は大きく肩を落としたが藍藍ブームは収まらず、それどころか自分の願い事など二の次に世界中が藍藍の無事を願い始めた。
クリスマスならパンダケーキ、正月ならニューイヤーパンダ花火といった具合だ。

その年の七夕。
藍藍の無事を願う短冊が吊るされた笹の葉が一晩のうちに大量に消え去るという怪事件が発生した。
深い藍色の空に天の川が浮かぶ、美しい夜のことだった。
ファンタジー
公開:18/06/01 13:22
更新:18/06/02 02:22

TAMAUSA825( 東京と神奈川 )

デザイン/作曲/ベース/映像制作…とかができます。
執筆は白帯です。

AmazonKindleで「薄紅色の風が吹く町」というショートショート集を一冊出しました。
150円で13話入り、スマートフォンで読めます。

Twitter : http://twitter.com/TanabeSho

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容