牛になった男

7
91

今日からぼくは「牛」になった。
人気者の「牟」くんに憧れて、ほんの少しツノを付けてみたんだ。

しばらくすると、小さな箱の中の「午」たちが噂し始めた。
「なんだよあいつ、ツノなんか生やしやがってさ」
「シカトしようぜ」
その日を境に、ぼくにはトモダチが居なくなった。
「牟」くんの方がよっぽど変わってるのに、なぜ彼は無視されないんだろ。

あまりの孤独に耐えかねて、ぼくはツノを削って「午」に戻ろうとした。だけど今度は削り過ぎて「干」になってしまい、もっと無視されることになってしまった。
ヤケになり、自分を削って「十」や「一」、最後には「・」にまでなって存在が無くなりかけたときは、さすがにちょっと怖かった。

大きな箱に移るまでに、ぼくは頑張って「牛」になったけれど、気付いたら廻りもみんな同じ「牛」になっていた。
いまでは彼らと犇めきあって、とても落ち着いた日々を送っているよ──。
ファンタジー
公開:18/05/31 19:52
更新:18/05/31 23:06

渋谷獏( 東京 )

(獏・ω・) 渋谷獏(しぶたに・ばく)と申します。
https://twitter.com/ShaTapirus
https://www.instagram.com/
http://tapirus-sha.com/

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容