未来からの証言者

1
96

ある日のこと、空から「謎の円盤」が現れたが、中からは期待した宇宙人ではなく、ごく普通の地球人が降りて来た。

科学博士の私は、円盤の調査を一任された。
「謎の円盤」は現代の地球の科学力では、到底作れない代物だった。
それもそのはずで、男は未来からこの円盤型のタイムマシンでやってきたという──。

未来の地球は「放射能汚染」で人の住める星ではなかった。
戦争が起きたわけではなかったが、単純な事故や自然災害が重なり、大気汚染が地球中に広がったらしい。
男は呪われた未来を変えるため、この時代に警告しに来たのだ。証拠の資料を見る限り、疑う余地はなかった。
私は核廃止の動きを期待して、政府にありのままを報告した。

しかしその後、円盤の正体は敵国の新兵器だと発表され、男の行方も分からなくなってしまった。
私は人類の未来に絶望し、生涯のテーマとしていた「タイムマシンの研究」を止めることにした──。
SF
公開:18/05/31 20:40
更新:18/06/03 15:10

渋谷獏( 東京 )

(獏・ω・) 渋谷獏(しぶたに・ばく)と申します。
https://twitter.com/ShaTapirus
https://www.instagram.com/
http://tapirus-sha.com/

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容