海水ソムリエ

4
113

グラスに注がれた液体を見つめて浅倉源治はため息を漏らす。
世界中の海水を味わってきた海水ソムリエの源治にとっても、これほどの透明度に出会える事は稀だ。
ゆっくりとグラスを揺らして香りを楽しむ。
「波間から太陽の光がキラキラ輝いている。温暖な気候だ。微かにハイビスカスやジャスミンの香りがする。美しいサンゴ礁が見えるよ。いや、白化したサンゴと、再生した新しいサンゴもだ。複数のサンゴが重なりあって濃厚な香りを演出している。そうか、沖縄か!」
ボトルを持った男が目を見開いた。
「その通りです」
この道40年の源治にとっては、この程度のブラインド・テイストはお手の物だ。
「新しいサンゴの割合から考えて、2018年物かな?」
「お見事」
源治は微かに笑みを浮かべた後、海水を一気に飲み干した。

ごくんっ

「うっわ!しょっぺえええっ!」

日本で唯一の海水ソムリエ浅倉源治。
後継者は見つかっていない。
その他
公開:18/05/29 22:58
更新:18/05/30 13:02

のりてるぴか( ちばけん )

月の音色リスナーです。
ショートショートって難しい。
最初の頃は400字は短すぎるなんて思ってましたが、色々書くうちに400字に無限の可能性を感じるようになりました。

読んだ人の心が少しでも動いたらいいな。何かを感じてくれたらいいなと思って書いてます。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容