嵐を呼ぶ黒板消し

0
114

「もっと丁寧に消して!」
黒板消し係である俺はカッとなって黒板消しを床に叩きつけた。
すると教室内に突風が吹き荒れちょっとしたパニックとなった。騒然の中、黒板消しを窓からそっと落としてみた。ぼふーん!
地面に着く瞬間爆風が校庭を走った。この黒板消しは強い力で叩くと突風を発生させる事ができるのだ!
その後、チョークの粉をたっぷり含ませるとより勢いが増すと判明した。
俺は有志を集め、繁華街へ繰り出し「これから絶景(パンツ)を見せてやるよ」と闊歩する女子達に向かい今日の為に育て上げた黒板消しを叩いた。
チョークの粉は勢い良く舞いやがて空を覆い尽くし積乱雲の如く発達、やがて嵐が吹き荒れた。
「どうだ、凄いだろう!」
振り返り俺が目にした物は、見渡す限りの荒野だった。
人類はチョークの粉と共に消え去った。
絶望に暮れた俺は力いっぱい黒板消しを叩きつけ、その勢いで宇宙空間へと飛び出して行った。
SF
公開:18/05/29 10:09
更新:18/05/29 18:42

林 孝光( 東京 )

1日1作、昼の12時頃に投稿しています。

普段は四コマ漫画を描いたり、イラストを描いて遊んでいます。

趣味はジャズピアノです。

ショートショートは中学生の時に筒井康隆先生に出会って衝撃を受けて、星新一先生、藤子F不二雄先生と手を伸ばして読み漁り自分なりに執筆をしていました。

よろしくお願いします❣️

ショートショートの漫画も執筆しています。

漫画ブログ

http://takahaya4.hatenablog.com

 Instagram

https://www.instagram.com/haya4taka32

 

コメントはありません

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容