転送屋さん

4
129

お好きなものを、お好きな場所へ――。

俺の住むオンボロアパートの郵便ポストにチラシが入っていた。
近頃流行りの転送屋らしい。
指定したものを、指定した場所へ瞬時に転送してくれる。
チラシをよく見ると、料金がかなり安い。
これは頼んでみる価値があるかもしれないな。
ゴミが散乱する部屋を見ながら、俺は携帯電話に手を伸ばした。

転送屋に電話を掛け、料金を支払う。
すると、すぐに折り返しの電話が掛かってきた。
「お世話になっております。ただいま転送が完了いたしました」
部屋を見回したが、何も変化が起こっていない。
「どういうことだ。何も転送されていないぞ」
「いえ、たしかに転送いたしました」

まさかと思い、部屋のドアを開けてみた。
まわりはゴミだらけ。
そこに俺の部屋が切り取られたように存在していた。
どうやら部屋そのものがゴミと見なされてしまったようだ。
この俺も含めて。
その他
公開:18/05/27 17:11
更新:18/05/27 20:40

undoodnu( 日本:東京23区 )

構成の凝った作品が好きです。

電子書籍「その影が追いたい undoodnuショートショート集Vol.1」発売中:
https://www.amazon.co.jp/dp/B07M5QRH1K/

電子書籍「その電脳がハックしたい undoodnuショートショート集Vol.2」発売中:
https://www.amazon.co.jp/dp/B07RB2C424

Twitter:
https://twitter.com/undoodnu

働きたい会社 ショートショートコンテストに入選しました:
http://ur0.link/O4mY

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容