七夕サプライズ

2
116

「今年の七夕は、日頃から助けていただいている皆さんに、二人でお礼をすることにしました。みんな、いつもありがとう! レッツパーリー!」
織姫の言葉にスタッフたちは驚きながらも大はしゃぎ、ご馳走や美酒に舌鼓を打った。
けれども織姫は酒癖が大変悪かった。自覚なきままスタッフ全員をつぶして回り、自分も寝てしまった。

夜更けに織姫はガバッと起き上がった。スタッフは皆ぐっすり眠っている。
「うっわ、どうしよう、地上の願い事! ……一人でやるしかないかー」
「一緒にやるよ」
彦星がふらふら起きてきた。
織姫は大反省しつつ、機織りマシンに願い事収集・分配ロジックを追加。隣りで彦星は愛車USH-Iを遠隔操作し、願望成就に毎年協力してくれている諸神に願い事をデリバリーした。

何とか作業を終えた二人はもうへとへと。が、
「こうして二人で並んで仕事する七夕も、けっこういいもんだね」
とほほ笑み合ったのだった。
恋愛
公開:18/05/28 01:02

UKITABI

ショートショート初心者です。
作品をたくさん書けるようになりたいです。

「潮目が変わって」(プチコン 海)
「七夕サプライズ」(七夕ショートショートコンテスト)
選出いただきました。
 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容