町外れ

5
24

「クソッ、実験用のモルモットが逃げやがった」
まだ明るいうちに見つけ出さないと──。

俺は建物の外に出て「町の中」を探し回った。
見つけた。
すばしっこい奴だ。どんどんと駆けて行きやがる。
網を持ってあとを追いかけるが、なかなか捕まらない。

カチャリと音がした──。
昼の時間が終わり、太陽は消え、空に丸い月が現れた。
「チッ、夜になったか。見つけるのはもう難しいな」
おれはモルモットに連れられて、今まで来たことがない「町外れ」にいる事に気がついた。
町外れの壁には空が描かれ、壁の上には月があった。
俺は月まで伸びている梯子を見つけ、好奇心からそこを登った。
丸い月を押すと「町の外」に出ることができた。

俺は生まれて初めてみる「町の外」の世界に戸惑いを覚えた。
まるで巨大な机の上のように見えたからだ。
そして上空から大きな声が聞こえた。
「クソッ、実験用のモルモットが逃げやがった──」
ホラー
公開:18/05/25 13:01
更新:18/05/30 12:04

渋谷獏( 東京 )

渋谷獏(しぶたに・ばく)と申します。
https://twitter.com/ShaTapirus

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容