神さまの方法

1
41

ある村に、働き者でとても信心深い若者が住んでおりました。
その行いに感心した神は、彼の元へと降臨することにしました──。

「おお、主よ!」
若者は、神の訪れに涙を浮かべて喜びます。
「夜毎の祈りの褒美に、どんな願い事でもひとつだけ叶えてやろう」
滅相もないと若者は断りますが、神が何度か促すと厳かに口を開き始めました。

「私の願いは、平和です」
「なんじゃと?」
「この世から醜い争いを無くしていただけないでしょうか?」
まるで林檎を食す前の無垢な人間のようじゃな、と神はますます感心しました。
しかし困りました。神の力をもってしても人の心を正すのは難しいからです。
「願いは必ず守る。じゃが少しだけ方法を考えさせてくれ」

神は天に戻りながら考えました。
世界中の人間を改心させるのは不可能じゃ。
となると、あの「ノア」という若者の一族だけを残し、全てを滅ぼす良い方法を考えるしかないのう──。
ホラー
公開:18/05/25 13:00
更新:18/05/30 12:04

渋谷獏( 東京 )

渋谷獏(しぶたに・ばく)と申します。
https://twitter.com/ShaTapirus

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容