天の川

0
122

じめじめした梅雨が過ぎ、近頃はほぼ毎日のようにニュースでは最高気温更新を報じている。この季節になると、祖母の事を思い出す。

祖母は季節の行事をとても大切にしていて、この頃になると近所のおじさんから大きな笹を貰ってくるのだった。
家の前には机や短冊を用意し、道行く人々が色々な願い事を吊るしていく。
私も毎年お願いごとを書いていた。

ふと、祖母は何を願っているのか気になって短冊を探したが、どこにも見当たらなかった。
不思議に思って祖母に聞くと、「おばあちゃんはもう一生分のお願いを叶ってもらってるからねぇ。」と言って優しい目で遠くを見た。

何年か経った七夕の日、祖母は先に亡くなっていた祖父の元へ旅立った。後から知ったが、祖父が戦地から戻ったのがちょうど七夕の日だったそうだ。
祖母が亡くなった日、空を見上げると、再会を喜ぶかのように織姫と彦星が寄り添って輝いているように見えた。
その他
公開:18/05/22 22:24

WAかめ( 山の中 )

月の音色から参りました。ぽやぽやと思い付いた物語を書いております。素晴らしい作者の皆様の作品を読みながら勉強中の初心者。よろしくお願いいたします。

七夕ショートショートコンテスト入選ありがとうございます!
 

コメントはありません

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容