野次馬根性

2
191

 夕食の準備をしていると外が騒がしくなった。
 姑が外にすっ飛んでいく。
 手伝ってくれもせずにと、ため息をついていると悲鳴が聞こえた。
 窓から覗くと男が刃物を持って暴れていた。
 押し入られては大変だ。急いで玄関に鍵を掛ける。
 姑は――もう助からないだろう。
 怒号と悲鳴が飛び交う中、玄関扉のノブが狂ったように回された。身を縮め台所の隅に隠れる。
 静かになったが、気になって部屋を覗くと開いた窓に手が掛かっていた。
 慌てて窓ガラスを閉めて錠を掛けた。指を挟んだのかうめき声がする。
 パトカーのサイレンが聞こえてきたが安心できない。夫が帰ってくるまでこのままでいよう。

 かちゃりと鍵が開いて夫が帰ってきた。後ろには指に包帯を巻いた姑が立っている。二人とも険しい表情をしていた。
「母さんだって思わなかったのか」
 夫の言葉に目を逸らす。
 ふん。わかっていたに決まってるじゃない。
ホラー
公開:18/02/19 04:35
更新:18/02/19 04:42

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容