海賊試験

3
226

 この国において最も人気の高い就職先は、「海賊」だ。格好いいだけでなく、金や財宝も思いのままで、なにより大海原で生きるという自由がある。
 海賊になるための就職試験は熾烈だ。
 まず肉体的に優れていなければならない。海賊は体力が命だ。腕相撲と長距離走で八割の志望者が落とされる。また、荒波の上では一瞬の判断が生死を分ける。体力と同時に知力も試され、ここでも多くの志望者が涙を飲んだ。
 次に求められるのは語学だ。七つの海を駆け回るには、あらゆる言語に精通しなければならない。なけなしの志望者がさらに削り込まれる。
 何より難しいのは最終試験だ。海賊のリーダーは、これができることがさも当然かのように、生き残った若者たちにこう告げる。
「とりあえず手足をゴムのように伸ばしてくれ。最低でも身長の二倍以上に」
 このようなわけで、麦わら帽子を被った大海賊の後継者は、未だに決まらないという。
その他
公開:18/02/16 05:56
更新:18/02/16 05:57
ショートショート10番勝負

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容