火星からの電話

0
222

その日、突如知らない電話番号から着信がかかり、思わず出ると相手は火星人だと名乗ってきた。

僕は宇宙に興味あるので、火星の知っている事をくまなく質問すると全部説得力のある解説をしてくれた。

僕は本物の火星人だと確信してテンションが上がり、お互い大いに盛り上がった。

地球に関して色々質問されたけど、あまり上手く返事ができなかった。それでも会話は弾む一方だ。

電話を切る際に、いつか必ず対面しようと約束をした。

僕は将来の夢に期待が膨らみ、その晩は全く眠りにつけなかった。

よおし、僕も大人になったら必ず宇宙飛行士になって、この金星を飛び出してあの火星人さんに会いに行くぞ。
SF
公開:18/02/14 05:11
火星 電話

林 孝光( 東京 )

普段は四コマ漫画を描いたり、イラストを描いて遊んでいます。

趣味はジャズピアノです。

ショートショートは中学生の時に筒井康隆先生に出会って衝撃を受けて、星新一先生、藤子F不二雄先生と手を伸ばして読み漁り自分なりに執筆をしていました。

よろしくお願いします❣️

ショートショートの漫画も執筆しています。

漫画ブログ

http://takahaya4.hatenablog.com

 Instagram

https://www.instagram.com/haya4taka32

 

コメントはありません

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容