お花畑の紳士

6
69

幼い頃から私のまぶたの裏にはお花畑が広がっていました。目をつぶると、いつでもお花畑を楽しむことができるのです。周りの人からはよく「おまえの頭の中はお花畑だな」と言われました。
最近になって、私のお花畑に客人がいらっしゃるようになりました。客人は素敵な紳士で、いつも私と共にお花を愛でてくださいます。
ある日、私は電車の席に座りながら、目を閉じてお花畑を楽しんでいました。すると、遠くから、かの紳士が素敵な花束を持って近づいてきました。これは、もしやプロポーズ!? 私がじっとその場で待っておりますと、紳士はとうとう目の前まで来て、私に花束を手渡しました。私は思わず「やったー!」と叫び、電車の席から勢いよく立ち上がりました。周りの乗客が皆こちらを見て笑っています。私は人生で一番恥ずかしい思いをしながら席に戻りました。すると隣の男性客がクスッと笑い、こう言いました。
「今度、本物をお渡ししますね」
恋愛
公開:18/02/11 22:45

小狐裕介

ショートショートを書いています。
光文社文庫「ショートショートの宝箱」に「ふしぎな駄菓子屋」収録。

Web光文社文庫「SSスタジアム」に 「街針」という作品が掲載されています。

作品集「狐の与太話」をKDPにて出版中。

ブログ「会社員小説作成日記」http://foxconcon.com

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容