十二行ショートショート

3
204

「やだネズミ」母の呟きに娘はおののいて「…の運動会ね」楽しい夢を見た。

「お父さん、食べてすぐ寝るとブタになるよ」あらま、ブタにも負けたか。

「俺は腹を見せない」そういう彼は、よこしまには見えなかった。

「お馬さんはいいな、ニンジンいっぱい食べられて。」

「長年の恋が成就して、天にも昇る気持ちです。」

「お金を貯めたいのか、一肌脱ごうか?」

「うさぎさんはいいな、ちょっとのニンジンでも、おなかいっぱい食べられて。」

「つづった思いを届けてこい、あの子ならきっと大丈夫だ。」

「よく見て、しっかり耳を傾けて、余計なことは言うな。」

「とんだ風評被害だ、あいつ、いつだって逆風に立ち向かっているのにな。」

渋谷駅で待ち合わせって、この寒空にいつまで待たせるんだよ、タロとジロじゃないんだぞ。

「ネコも仲間だ」そう言って彼は、自分を曲げることはなかった。
その他
公開:18/02/09 18:06
更新:18/02/16 07:51

誰か

心楽しい読書になりますように。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容