恵方巻きカスタマイザー

5
203

今年の節分に、なんとしても願い事を叶えるべく、私は恵方巻きカスタマイザーを自宅に招いた。

無病息災をおぼろに、家内安全を高野豆腐に、金運アップを玉子焼に、応募した文学賞をかに風味かまぼこに、贔屓のプロ野球チームの日本一をかんぴょうに、今年中の結婚を椎茸に、人気舞台のチケット当選をきゅうりにそれぞれ込めていき、4時間かけて理想の恵方巻きを完成させた。

「今年の方角は南南東です。私の方を向いてお召し上がりください」
と話す恵方巻きカスタマイザーの正面に私は座った。

真正面から人に見られながら食べることにやや抵抗を感じながらも私は恵方巻きを頬張った。

あと二口のところで恵方巻きカスタマイザーに確認をした。
「このまま食べ切っていいですか?」

途端に恵方巻きカスタマイザーの顔が青ざめた。

「ああ…どうして無言で最後まで食べてくださらなかったのですか…せっかくの願い事が全て台無しです…」
その他
公開:18/02/02 18:16
更新:18/02/03 20:54

ぱせりん( 関東 )

北海道出身です。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容