最初の挨拶 名探偵の先生と助手のハチ

12
232

私の名前は、ハチ。名探偵、文月三十先生の助手をつとめています。
いつものように事務所へ行くと、先生の机に置手紙が残してありました。


ハチへ、この場所で待っていて
67zfmmkq>s


これは、先生からの暗号メッセージ!
名探偵の助手の誇りに賭けて、必ずやご指示を遂行いたします。

ろくななぜっと・・・がえすより大きい?
不等式であることには何かの意味が?

いや、それよりも、これって、なんかよく見かける暗号のような気がするのだけれど・・・。

うわあああん、先生、私には無理です。

「どうした、ハチ泣いたりして。」
「先生!」
「すまないね、朝から行列の出来るお店に行っていたんだ。」
「わ、私こそ、すみません、先生のご指示を実行することが出来ませんでした。」
「何を言っているんだい、君は、私の指示通り、ここで待っていただろう。」
「へ?」
「ほら戦利品、おやつはモモのタルトだよ。」
ミステリー・推理
公開:18/01/19 01:29
更新:19/02/19 20:13
タイトルはホームズより 『最後の挨拶』から

誰か

心楽しい読書になりますように。

https://twitter.com/N2lQzhfmQ7KOqHd

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容