偉い人にはわからない

6
246

「これ、足はつかないんだろうな?」

「ああ、当然だ。」

 私は、確認のため、奴のいる倉庫に出向いていた。

「暴れられたりしたら大丈夫なのか?」

「がたがた言うな。」

 奴は、直に確かめると渋い顔をする。その上で私は、最終確認をとった。

「例のお客さんが来るまでに済ませられるか?」

「ああ、問題ない。俺の腕を信用しろ。」

「OK、ボスに報告してくる。」

 危険の芽は、あらかじめ摘んでおく、それが上に与えられた仕事だ。

「あっ店長、誕生日会の予約のお客様がお見えになるまでに、子供用の椅子の修理は済むそうですよ。」
その他
公開:18/01/10 19:40

誰か

心楽しい読書になりますように。

https://twitter.com/N2lQzhfmQ7KOqHd

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容