2
172

電話越しに彼女の泣きそうな声が響く。
「別れたくないってのは彼を好きなんじゃなくて、他の女に取られるのが悔しいだけなのかも」
そんな事を僕に話すのは『別れないほうがいい』と言って欲しいからだ。彼女はまだあの浮気野郎の事が好きなのだ。
「明日映画でも観ない?気分転換に」
彼女は小さな声で「うん」と頷いた。

たぶん彼女は誰かに側にいてほしいだけだ。たまたま選ばれたのが僕だっただけで。

次の日。僕はまだ自分の立場を決めかねていた。ふと、少し前に聞いた彼女の声を思い出した。
「この指輪はね、つきあって最初の誕生日の時にもらったやつ」
そう言って彼女は大事そうに指輪に触れていた。

彼女が人ゴミの中から僕を見つけて歩いてくるのが見えた。
よし。僕は小さく深呼吸した。

これは賭けだ。
もし彼女が指輪をしてたら今まで通り友達としてつきあう。
でも、もし、彼女が指輪をしてこなかったら。
その時は…。
恋愛
公開:18/04/04 16:48

のりてるぴか( ちばけん )

月の音色リスナーです。
ショートショートって難しい。
最初の頃は400字は短すぎるなんて思ってましたが、色々書くうちに400字に無限の可能性を感じるようになりました。

読んだ人の心が少しでも動いたらいいな。何かを感じてくれたらいいなと思って書いてます。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容