うつくしいひと

2
154

全身が量産された黒に包まれている。どうして苦しみながら生きなくちゃいけないんだろう。目の前で新作のフラペチーノを飲みながら、あっけらかんとしている彼女が羨ましくて、私は訊いた。ねぇ、何のために生きるの。

「好きな人と一緒に過ごす時間より大切なものはないわ。だって生きようと思えるもの。別に悲観的な意味ではなくて、そのままの意味よ。たとえば、死にたい気分の夜だって「でもこの世界にあの人が生きている」と思えば、もうすこしくらい生きてもいいかなって、ぐっすり眠れたりするでしょう。もう一度あの肌に触れるためだけに生きたっていいのよ。それは希望なんだから。生きるのに理由なんてなくたっていいと私は思っているけれど、ほんとうに絶望したときにいちばん大事なものを失くさないために、頼れるものはあっていい。つまり、私は恋愛至上主義なの」

彼女の言葉は、私の面倒な思考をすっきりさせる力をもっているのだ。
その他
公開:18/04/02 22:05
更新:18/04/08 22:03
小説 人間 言葉 短編 ショートショート 400字物語 一話完結

yuna

400字のことばを紡ぎます。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容