サヨナラ

0
170

壊されるのが怖いのなら、壊される前にこちらから壊せばいいのよと、鉄パイプを手に少女が笑う。

綺麗すぎて見惚れてしまうほどに笑う。

さて、あなたが積み上げてきたもの、私がこれから壊してみせて進ぜましょう。

投げられた賽は少女の頬に笑窪をつくり、血みどろの未来図を瞳に描く。

あゝ、可哀想に。
ミステリー・推理
公開:18/03/31 10:49

きざはし

140字小説を書いています。
http://twitter.com/kuruizaki63

もうひとつのアカウント
https://short-short.garden/author/808811

コメントはありません

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容